看護師転職パーク

転職を考えている看護師さんから「待遇のよい求人って、なかなかないなぁ・・・」という言葉を聞きました。 しかし、それは間違っています。「ない」のではなく、「知らないだけ」なのです。決して表には出てきませんが、実は意外なほど優良求人はあります。

では、どこにあるのでしょうか? それは『看護師転職サイト』です。ここで「非公開求人」として個別に紹介されています。

この事実を知らないまま転職活動をして、あなたは本当に後悔しないでしょうか?




1.転職サイトは複数登録
転職サイトによって保有している求人はバラバラなので、1社に頼るのは危険です。また担当者の力量や相性などにより、結果が大きく違ってしまうリスクもあります。より条件のよい転職先を探すには、最低でも3サイトの登録をお勧めします。

2.支度金支給のあるサイトに登録する
看護師は売り手市場なので、転職後に支援金として30万円も支給してくれるサイトがあります。賢くサイトを使いましょう。

3.研修や面接対策の有無もチェック
転職サイトの中には、セミナーや研修を行ってくれるところもありますし、履歴書の書き方や病院ごとの細かい面接対策をしてくれるところもあります。

4.まずは大手転職サイトに登録する
大手サイトには、病院からの求人が集まります。もちろん、非公開求人も多く保有しています。交渉能力に長けた、専任のコンサルタントがいることも多いので、まずは大手サイトへの登録はマストです。

5.地域密着のサイトを活用する
しかし、大手転職サイトにも得意/不得意の地域がありますので、決して安心できません。逆に地域特化型のサイトもありますので、上手な使い分けが必要です。

  

>>>オススメの看護師求人情報サイト<<<

 

 

看護師2万人が過労死の危険に
看護師の情報量の多さはもはや過労死レベルまでに達しています。
交代制勤務で働いている23人に1人が月に60時間を超える時間外勤務をしており、公務災害と認定された勤務実態に近い過労死危険度レベルの看護師が、全国で約2万人に上ると推定されています。
また看護師の3人に1人が流産しかかっているという統計もあります。

 

あなたには、もっと好条件の病院があるはずです。

今、病院では看護師争奪戦が起こっています
病棟閉鎖に追い込まれるほどの看護師が不足する背景の1つに、労働問題があります。
夜勤回数の多さや勤務感覚の短さなどにより業務中に事故を起こすのではないかと不安になることがあるとの問いに対し「ない」と答えたのはたった4%にとどまっています。
半数が患者や患者関係者から暴力や暴言を受けている問題も深刻です。
看護師の4割が「今後も看護師を続けたいが続けられないと思う」と言っているのが現実です。
つまり離職予備軍が多いという状態なのです。

2006年改正の診療報酬では、看護職員配置基準「7対1(患者7人に対し看護師1人)」が新設されました。
これにより看護師争奪戦が起こり看護師不足に拍車をかけています。
このように看護師師匠は完全な売り手市場です。
条件の良い病院に転職することは比較的容易な状況です。

 

 

オススメの看護師転職サイト

Copyright(c) 2012 看護師転職パーク【最新看護師求人・募集】 All Rights Reserved.