看護師転職の面接でよくある質問

看護師が転職する際の面接で、最もよく聞かれるのは「志望動機」と「退職した理由」です。

そのため、まず採用側を納得させられるような志望動機を練ることが重要です。その際、志望動機と退職した理由が上手にリンクしており、無理のないストーリーが展開できていれば尚よいでしょう。
退職理由を説明する際、真っ先に「現状を不満」を語る方がいますが、これは絶対にNGです。これでは「我慢の足りず、不平不満の多い人」という印象を持たれてしまいます。いくら看護師が不足しているとはいえ、そんな人を採用する病院は皆無です。

また、志望動機に近い質問として「なぜこの病院を選んだのか?」を聞かれることがあります。一般企業と違い、病院は差別化するポイントが多くありませんので、この理由が不明確だと、勉強不足という印象を与えてしまうことになります。今は多くの病院がホームページを持っていますので、当然、インターネットでの下調べをしておき、その病院の特徴(長所)を把握しておいてください。

他に、独身の女性だと「結婚の予定」を尋ねられる場合があります。近年では、性的差別と解釈される場合があるので、聞かない病院の方が多いと思いますが、念のため回答を準備しておく必要があるでしょう。そして、既婚者の場合でも「出産の希望」を聞かれることがあります。
これは「できるだけ長く働いてもらいたい」という病院側の意思の現れです。世間的に、産休や育休を推進する方向で進んでいますが、現実は人員構成などの重要な経営事項に重大な影響を及ぼすため、病院側は相当慎重になるのです。
さらに、子育てを終えられた方は「家族に介護の必要な人がいるか」を確認することがあります。介護経験のある方は病院としては有難い存在ですが、どうしても仕事を優先できなくなるので、病院側の心理的障壁は避けられないでしょう。 

もし、これらのような質問を受けても気分を害してはいけません。また、顔に出すようなことはしないでください。当然、採用されたいばかりに嘘を言ってはいけません。最悪の場合、「条件が違う」といって採用自体を取り消されることがあります。

このような質問を想定し、回答すべき内容を紙に書いてみるとよいでしょう。何度か書き直すうちに、答えが洗練されてくるはずです。また、自然にイメージトレーニングができますので、面接本番でも緊張することが少なくなると思います。


>>>面接対策をしてくれる看護師求人情報サイトはこちら<<<

オススメの看護師転職サイト

Copyright(c) 2012 看護師転職パーク【最新看護師求人・募集】 All Rights Reserved.